医者

大腸がんの治療

先生

大腸がんの治療について説明します。大腸がんは手術によって切除、摘出する事が基本的な治療になります。進行が進んだ状態になると肛門の切除などを伴ったりと生活に支障がでるケースもあります。

Read More...

摂食障害について

先生

摂食障害について解説します。拒食症や過食症などの摂食障害は場合によっては他の疾病を併発してしまう可能性の高い重要な疾病です。治療方法なども合わせて解説していきます。

Read More...

摂食障害の治療

先生

摂食障害になった場合に治療について解説します。拒食症、過食症のどちらも特効薬的な治療は存在してい無いため、専門医やカウンセラーに相談の上で治療を進めていきましょう。

Read More...

大腸がんとは

がんについて

先生

大腸がんとは、大腸内にがんが発生する事を言いますが、そもそもがんとは何でしょうか?
がんとは自分自身の細胞が突然変異したもので、それが増殖を繰り返して拡大し、独自の臓器(腫瘍)になったものです。
人間の細胞は約60兆あると言われており、日々減ったり増えたりしています。
細胞は分裂によって増殖しますが、この細胞分裂の回数は決まっており、細胞が分裂しなくなった事を老化と呼びます。
一方、がん細胞は無限に増殖を続けると言われており、摘出しても再発するのはこの為です。
つまり、外から来る菌やウイルスと違い、自分自身が生み出している病気と言えます。

大腸がんの特徴

大腸がんが多くあるがんの中でも重い部類とされています。
それは大腸がんは転移しやすく、大腸壁内に侵入してしまうと肝臓や肺、更には心臓などの臓器にまで転移するのです。
罹患率は50代から増加し始め、男性に多く見られます。死亡率についても男性の方が女性よりも高い傾向にあります。
遺伝性にも影響があると考えれており、直系の親族に大腸がんの方が居るとリスクが高まると考えてよいです。

大腸がんは早期発見であればほぼ治療できると言われています。
ただし、この早期という段階はほぼ無症状の頃を指しますので、定期的な検診を行って発見する事が重要です。

Copyright ©2015 大腸がんを知って克服しよう!【健康一番館】 All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.